観光マップ

しながわの花海道



江戸時代、品川から大森の沖で取れる海苔は、「浅草海苔」とよばれ名産品でした。むかし、浅草のほとりが海であったころ海苔が取れていたため、「品川海苔」でなく「浅草海苔」とよばれるようになったのではないかといわれています。東海道名所図会(1797)では、海苔の加工の過程が挿絵入りで紹介されています。
現在周辺は勝島として埋立てられており、勝島運河沿いには菜の花とコスモスが植えられ、華やかな散歩コースとなっています。

資料:『東海道名所図会』(国立国会図書館蔵)

住所 東大井2丁目、勝島1丁目